ブログ

←戻る

1月の逸品「長崎いろは歌留多」


制作:長崎かるた倶楽部
発行:平成29年

このカルタは、市民講座「おとなの寺子屋」を主宰する松原一成さんを中心とする講座の有志により、「子どもたちの宝物になるものを作りたい」という想いをこめて、5年の歳月をかけ制作されました。読札には方言を用いたテンポのいい句と、絵札には長崎ゆかりの歴史上の人物や郷土料理のイラストが描かれています。絵札の裏面には長崎の年表も記されています。

タグ: 今月の逸品

このページの先頭へ