ブログ

ADEAC(アデアック)に当館の資料を公開しました。

当館では、大正後期から昭和30年代までの市街図や実測図、職業明細図など地図類14点のほか、主に三池炭鉱に関わる絵葉書を100点以上収蔵しています。
その中から地図3点と絵はがき約100点をデジタル化しています。


↑こちらをクリック

※ADEACとは
デジタルアーカイブを検索・閲覧するためのクラウド型プラットフォームシステムです

4月の逸品「ダムカルタ」

絵札読み

作・写真:萩原雅紀
発行:2016年
発行所:スモール出版

ダムマニア界の第一人者・萩原雅紀が全国のダムを厳選し制作したカルタです。読札はダムの特徴を表現し、絵札の表面にはダム名と写真、裏面にはダムのデータを記載しています。また、48基のダムの解説書も付属し、ダムファンから入門者まで楽しめます。

 

展示替え休館日のお知らせ

3月28日(火)から4月3日(月)まで展示替えのため臨時休館になります。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

次回の企画展は、「年表と写真で見る大牟田の100年」になります。

3月1日、大牟田市は市制施行から100周年を迎えました。現在市では、記念事業の一環として『新大牟田市史』の編さんを進めており、その第1弾となる別冊「年表と写真でみる大牟田市の100年」が同日、刊行されました。本巻では市制施行から100年間の市の出来事を年表形式でまとめ、387点の写真を掲載しています。
今回の企画展では、本巻に掲載された写真や資料のうち、主なものを展示・紹介し、大牟田市100年のあゆみを振ります。

4月4日(火)から始まります「年表と写真で見る大牟田の100年」も是非、ご覧下さい<(_ _)>

3月の逸品「笑って健康カード」

0301

企画・制作:快適環境創造の会
発行:2016年

笑って健康。健康長寿は万人の願いです。笑いは人間関係を良好にしストレスを発散します。トランプやカルタとして楽しめるのはもちろん、カードを見るだけで笑顔になれ、健康への意識も高まります。

2月の逸品「山科かるた~みんなで見つけた宝物~」

0201

企画・制作:NPO法人山科醍醐こどものひろば
発行:2012年

京都・山科は、歴史・自然・文化遺産・産業など様々な魅力を持っている町です。その「宝物」をカルタ遊びを通して伝えるために製作されました。
山科区13校の小学生203人からの応募作品と「町たんけん」、「京都東山ロータリークラブ」の合作で、地域やジャンルに偏りがないよう配慮されています。

<<前のページ 次のページ>>

このページの先頭へ