ブログ

2017年冬の企画展「大牟田市誕生物語」

12月19日(火)より2017年の冬の企画展「大牟田市誕生物語」の展示が始まりました。

大牟田市制100周年を記念して、「大牟田町」から「大牟田市」になるまでの経緯や、その後に大牟田市と合併していく「銀水村」「三川町」「三池町」「駛馬町」「玉川村」の当時の貴重な資料や写真を展示しています。

そして、もう一つの同時開催企画!「昔の道具とくらし展」では、昭和30年頃の生活風景を再現した展示や、昭和30年頃の家庭風景に関する映像を放映しています。

じかに当時の道具に触れることの出来る「昔の道具をさわってみよう!」コーナーもあります!

カルタ館からの挑戦状として、参加するだけでジャー坊の塗り絵がもらえる企画もあります!

お客様のご来館、職員一同お待ちしております!

 

 

 

ミュージアム・ガイド②

今回ご紹介するイベントは1月13日(土)に開催する、2回めとなる「ミュージアム・ガイド②」!

12月19日から当館で開催している「大牟田市誕生物語」にて、展示してある写真や年表、資料について、当館の館長である梶原 伸介が、それぞれの年表や写真・地図などについて、細かく丁寧に説明いたします!

三池カルタ・歴史資料館スタッフがお待ちしております!

詳しい概要はこちらからご覧ください!(ミュージアム・ガイド②のページに飛びます。)

展示替え休館日のお知らせ

12月11日(月)から12月18日(月)まで展示替えのため臨時休館になります。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

次回の企画展は、「大牟田市誕生物語」になります。

100年前の大正6(1917)年、市制を敷いた当時の大牟田は、1889(明治22)年に大牟田・稲荷・横須・下里の4か村が合併し成立した大牟田町が市に移行し、市域としては現在の市の中心部のみでした。昭和4(1929)年に三川町を編入し市域を南へと広げ、昭和16(1941)年には三池町・駛馬町・銀水村・玉川村を編入し、現市域が確定します。

今度の企画展では、当時の周辺町村を編入しながら現在の大牟田市が誕生するまでの歴史や背景をさまざまな資料や地図・写真などで紹介し、大牟田市100年のあゆみを振り返ります。

12月19日(火)から始まります「大牟田市誕生物語」も是非、ご覧下さい!

年末年始の休館日のお知らせ

年末年始のため、下記の期間、休館します。
当館の定休日である28日(木)から続けての年末休館日となります。

新年の開館は、1月4日(木)午前10時からです。

よろしくお願いいたします。

<期間>
平成29年12月28日(木)(当館定休日)

平成29年12月29日(金)~平成30年1月3日(水)(年末年始休館日)

29年秋の企画展 関連講座「南筑後の鉄道のあゆみ」

現在当館で行っている秋の企画展「のりものカルタ大集合!Ⅱ」にちなんだ企画展関連講座として、120年以上の歴史を持つ鹿児島本線をはじめ、西日本鉄道線、三池の炭鉱鉄道、さらに戦前に活躍した私鉄・軌道に至るまで、南筑後を走ったさまざまな鉄道についての講座、「南筑後の鉄道のあゆみ」を11月23日(木・祝日)に開催いたします。

詳しい申し込み方や概要はこちらからご覧ください!(イベント・講座のページに飛びます。)

次のページ>>

このページの先頭へ