ブログ

4月の逸品「信州食と農いろはかるた」

制作:長野県農業改良協会

発行:平成20年

このカルタは、長野県農業改良協会が食べ物と農業への理解を深めてもらうために制作しました。カルタ1枚1枚には、食や農業の大切さ、農村の豊かさなどが表現されていて、時代を担う子どもたちや消費者に食と農を見直してもらいたいとの思いが込められています。

3月12日(月)~3月24日(土)までの開館のお知らせ

当館施設にある大牟田市立図書館は、平成30年3月12日(月)~ 平成30年3月24日(土)の間休館しておりますが、三池カルタ・歴史資料館は通常通り開館しておりますのでお間違いの無いようよろしくおねがいします。

当館の職員一同、皆様のご来館をお待ちしております。

大牟田史跡 めぐりウォークのお知らせ

今回ご紹介するのは、3月21日(水・祝)に行われる「大牟田史跡 めぐりウォーク」です。

本市北部に点在する古墳や寺社、近代化遺産等を大牟田市企画総務部世界遺産・文化財室の宮本博喜さんと、当館館長の梶原伸介の案内で巡ります。

詳しい申し込み方や概要はこちらからご覧ください!(イベント・講座のページに飛びます。)

3月の逸品「かるた大好木(だいすき)」

制作:静岡県木材協同組合連合会
発行:平成14年

世界でも有数の森林国である日本は、豊かな自然の恵みである木を、住まいや暮らしの品々に活かし独自の文化を育んできました。
このカルタは、健康・教育・環境を柱に木の魅力を紹介し、カルタ遊びを通して木について楽しく学んでもらうことを目的に作られました。

歴史講座②「江戸時代の石炭政策について―福岡藩を中心に―」

今回ご紹介する講座は、3月4日(日)に行われる歴史講座②「江戸時代の石炭政策について―福岡藩を中心に―」です。

九州北部は産業革命より先に石炭が利用されていました。石炭の使用が広まると、福岡藩は田畑への悪影響を恐れて石炭の採掘を制限しようとしましたが、しだいに石炭を販売することによって得られる利益にも注目するようになります。

詳しい申し込み方や概要はこちらからご覧ください!(イベント・講座のページに飛びます。)

次のページ>>

このページの先頭へ