ブログ

2月の逸品「フォントかるた」

制作:フォントかるた制作チーム
発行:2017年2月

印刷物やWEBやテレビ番組などで日々目にしている多種多様なフォント。その中から、馴染みのあるもの、ユニークなもの、使いやすいものなど、48種類を厳選しています。取り札の表には書体見本、裏には表と同じ書体で書体名が、読み札には書体名と解説と書体見本が印字されています。大人数でも一人でも、初級者も上級者も楽しめるカルタです。

1月の逸品「三池高等学校百周年記念カルタ」

制作:三池高等学校
発行:2017年11月

本市が「日本のカルタ発祥の地」であることをヒントに、平成19年から10年計画でカルタの制作に取り組み、同校創立100周年の年に完成しました。学校生活をテーマにした読札は全校生徒や卒業生から募集し、その中から選ばれたものを書道部が文字にし、美術部が絵札にしています。「三校生」のたくさんの思いが詰まったカルタです。

11月の逸品「八女弁トランプ」

制作:八女市商工会青年部
発行:2016年11月

福岡県下でも、受け継がれた方言が色濃く残る八女・奥八女の方言。このトランプは、八女市商工会青年部が54種の方言を厳選し、トランプにしたものです。可愛らしいキャラクターは「八女」の由来にもなった八女津媛です。

9月の逸品「図書館を使った調べる学習かるた」

図書館を使った調べる学習かるた

制作:(公財)図書館振興財団
完成:2017年3月

市立図書館では、発見した課題に対して公共図書館を使ってその課題を解決する『調べる学習コンクール』の作品を募集しています(18日まで)。
このカルタは、その取り組みを広く知ってもらうために図書館振興財団により制作されたものです。

8月の逸品「復元天正トランプ」

制作:市制100周年記念カルタ制作実行委員会
完成:平成29年7月

3月1日に本市は市制100周年を迎えました。市ではこれを記念して「復元天正トランプ」を制作しました。このトランプは同館所蔵の「復元天正カルタ」をトランプ風にアレンジしたもので、今後イベント等で活用を図っていきます。この完成により大牟田市が「日本のカルタ発祥の地」であることを広く知っていただくとともに、カード文化の普及につながれば幸いです。

<<前のページ 次のページ>>

このページの先頭へ