ブログ

文化講座受講者募集

今年は明星派女流歌人の旗手、与謝野晶子が1942(昭和17)年5月29日に没してから70年目にあたります。今回の文化講座は、郷土出身の明星派歌人として知られる白仁秋津(しらに・あきつ)を取り上げ、彼が短歌の指導を受け、また物心両面でその活動の支援もしていた与謝野鉄幹・晶子夫妻との交友関係について学ぶ文化講座を開催します。
講 師
井上洋子氏(福岡国際大学国際コミュニケーション学部教授)
演 題
「与謝野晶子没後70年―白仁秋津と鉄幹・晶子―」
内 容
白仁秋津の名は大詩人北原白秋の補助的存在として、あるいは長年、与謝野夫妻を支えた篤志としてクローズアップされ、秋津自身の志が問われることは少なかったようです。今回は以下の3つの点を中心に講演していただきます。①明治末年の筑後文学グループ共通の煩悶から秋津固有の問題意識を明らかにすること。②『明星』創刊後、短歌革新の一線を退いた与謝野夫妻との交流が秋津に何をもたらしたのか。③秋津資料が故郷大牟田に残された意義について。
開催日時
平成24年5月20日(日) 午後1時30分から午後3時(1時間30分程度)
開催場所
カルタックスおおむた3階集会室(大牟田市宝坂町2-2-3)
対象者
一般(主に成人)
受講料
100円(資料代含む)
申込み方法等
(1)申込み先
〒836-0861 大牟田市宝坂町2‐2‐3 大牟田市立三池カルタ・歴史資料館
Tel/Fax 0944-53-8780(月曜日・毎月最終木曜日は休館。休日の場合は翌日が休館)
(2)方 法
郵便・電話・FAX・直接来館(いずれでも可)
(3)定 員
30名程度(先着受付順、定員に達し次第受付終了)


左から3人目が与謝野晶子、その右が鉄幹、1人置いて白仁秋津

コドモノクニイロハカルタ(復刻版)

発行:2011年11月 制作:ハースト婦人画報社 読札:和田古江 絵札:武井武雄

昭和4年に東京社(現ハースト婦人画報社)より発売されたカルタの復刻版で、復刻にあたっては当館所蔵品を参考にしています。
絵札を担当した武井武雄は大正から昭和にかけて活躍した童画家で、絵雑誌『コドモノクニ』の担当主任を務め創刊号の題字、表紙、挿絵を手掛け、同誌の中心的画家となります。

このページの先頭へ