ブログ

地下に眠る勾玉の魅力~世界に1つだけの勾玉つくり~

<8/10追記>まだ若干申込みに余裕がございます。ご応募お待ちしております!

大牟田市は、縄文時代から現在までの多くの文化財が所在しており、発掘調査で縄文時代の荒田比貝塚や弥生時代の羽山台遺跡などが発見されています。一方で、これらの文化財の存在はあまり知られていない現状にあります。そこで、将来を担う子どもたちに勾玉つくりを通じて、地域の歴史に興味を持ってもらうことを目的に、世界遺産・文化財室と協力連携し、勾玉つくりを実施します。

申込み方法・詳しい内容はこちらをご覧ください。
(イベント・講座のページに飛びます)

 

8月の逸品「古事記かるた」

企画・編集:奈良県
発行:(株)大石天狗堂

今から約1300年前に奈良でまとめられた『古事記』。そこに書かれてある物語や歌謡をもとに、わかりやすい言葉とイラストで作られたカルタです。楽しく遊びながら、遠い昔に書かれた『古事記』の世界に親しむことができます。また絵札を裏返して組み合わせると、『古事記』の世界を描いた大きな1枚の絵になります。

このページの先頭へ