ブログ

おうちミュージアム第4弾!「プラバンかるたを作ってみよう!」

おうちミュージアム第4弾は、カルタ館人気のワークショップ「プラバンかるたストラップ」の作り方を公開します!

カッターやはさみ、トースターなどを扱うので、作るときは必ず大人の方が付き添われてください。

最後の絵をプリントしてお使いください

タグ: おうちミュージアム

おうちミュージアム第3弾! 「おうちでカルタ館の春の企画展を見よう②」

「おうちでカルタ館の春の企画展を見よう」の第二弾では、ミニコーナーをご紹介させていただきます。

現在ミニコーナー①では
「アルフォンス・ミュシャ生誕160周年記念 絵画トランプ特集」を開催しております。


(画像をクリックすると大きい画像を見ることができます)

こちらは小さいコーナーながらも、そもそもアルフォンス・ミュシャとは何者なのか、どうやって有名になったのか、大女優サラ・ベルナールとの出会いや、日本にあるミュシャの美術館が、なぜ日本にあるのか、そこに隠された以外なエピソードなどのご紹介とともに、有名なミュシャの作品の複製や、絵画をまとめてトランプにしたものや、ミュシャ風の絵柄で描かれたタロットなどを展示しております。

 

こちらはミニコーナー③(②はまた後日公開いたします)の「郷土のカルタ」を展示しております。
こちらの展示は、日本各地から集められた郷土カルタを、県ごとに紹介しています。

今回のテーマは沖縄県!!沖縄県の伝統や、最近の沖縄出身のアーティストなどをとりあげたカルタなどがあります!

郷土カルタコーナーは、これまで企画展ごとに福岡・熊本・大分・長崎・宮崎・鹿児島を特集してきました。

今回で九州・沖縄地方が終わったので、次の企画展では四国方面を特集する予定です!

 

次の更新は11日(月)は休館日ですので、12日(火)になります。
今度はお家で作れる「プラバンカルタ」をご紹介させていただきます!お楽しみに!

タグ: おうちミュージアム

おうちミュージアム第2弾!カルタ館クイズ①

おうちミュージアム第二弾は、2018年秋の企画展「三池立花家の近代」にて出題したクイズをリバイバルさせていただきます。
お子様向け(初心者編)と大人向け(上級者編)の2種類で、当時展示していた立花家の家系図を探しながら答えを見つけるというものでした。

その展示を見ながらでないと難しいクイズですが、大牟田市のお殿様、三池藩立花家について知るきっかけになればと出題させていただきます。

ヒントと答えはこのページの下の方に出てきます。ヒントを見て、名前を探りながら、誰がどの藩のお殿様か、見つけてみましょう!

 

こちらがヒントになります。

これは当時展示していた内容を簡略化したものです。クリックすると拡大したデータが開きます。

 

見にくい部分は下に拡大してあります。

 

 

初心者編 こたえ

①種次(たねつぐ)…三池藩主1代目
種長(たねなが)は三池藩主2代目。種明(たねあきら)は三池藩主3代目です。

②種周(たねちか)…三池藩主5代目長煕(ながひろ)の次男
種長は三池藩主1代目種次の長男、長煕は三池藩主4代目貫長(「やすなが」または「つらなが」)の長男です。

③たちばなたねゆき たちばなむねしげ

 

上級者編 こたえ

①種次(たねつぐ)
忠茂・貞則は柳川藩藩主です。

②種長(たねなが)
大牟田の重要文化財「早鐘眼鏡橋」が完成した時の記念碑には「筑之後州三池藩2代目藩主だった「立花種長」の名前も刻まれています。

③たちばな あきとら たちばな たねゆき
 べっき あきつら  ぎんちよ

 

タグ: おうちミュージアム

おうちミュージアム第1弾!ジャー坊の塗り絵①

三池カルタ・歴史資料館のおうちミュージアム第1弾は、大牟田の公式キャラクター、「ジャー坊」の塗り絵です。

ジャー坊のデザインは本市出身の日野晃博さんが社長を務める株式会社レベルファイブに制作していただいたそうです。

こちらの塗り絵は、当館で行っているクイズに参加(あたっても外れても)して頂いた方全員にお配りしていたものでした。

個人が楽しむ範囲でのご利用をお願いいたします。

※画像をクリックするとPDFデータがダウンロードできます。上手に塗れたらTwitterで「#カルタ館ぬりえ発表会」のタグで写真などをアップしていただけると、カルタ館Twitterでリツイートさせていただきます!大人の方も参加できます!力作をお待ちしております!

 

タグ: おうちミュージアム

おうちミュージアムに参加しました!

現在、全国の多くの博物館や資料館などが臨時休館となっている中、全国の多くのミュージアム等施設が臨時休館となっている中、各施設が続々と休館中でも様々な取り組みを始めていらっしゃいます。当館もそれにならってTwitterなどで過去の様々な情報を発信するなどさせていただいておりました。先日、おうちで楽しみながら学べるコンテンツを提供しているミュージアム同士で協力し、より広く様々な方々へコンテンツを届けようと活動されている「おうちミュージアム」という北海道博物館さんの企画を見つけ、当館も参加させていただくことになりました。

おうちミュージアム とくべつにオープン!

今後おうちミュージアム向けの内容は、こちらのブログにて順次更新させていただきます。「おうちミュージアム」のカテゴリーを作りましたので、今後はそのカテゴリーでまとめさせていただきます。今後お楽しみに!

タグ: お知らせ おうちミュージアム

<<前のページ

このページの先頭へ