ブログ

3月の逸品「アフリカルタ」

制作:JICA北海道(札幌)
発行:2019年8月

「アフリカルタ」は、現代のアフリカの自然、生活、困難、希望など生の姿を「遊び」を通して感じてもらうため、国際協力機構JICA北海道(札幌)が製作したものです。
読札はJICA北海道(札幌)の堀本隆保さんが考案し、絵札は北海道出身の漫画家いがらしなおみさんが手掛け、今のアフリカの姿を描いた塗り絵になっています。

タグ: 今月の逸品

文化講座②「古版タロットへの誘い」参加者募集

2018年に開催した当館のタロット企画展「TAROT WORLD」でも監修を務めたタロット研究家「夢然堂」が、タロットの歴史や占い以外の用途についてお話しします。

詳しいお申込みはこちら

タグ: イベント情報

3月7日(日)開催の「アフリカルタで知る!!アフリカの生活」の延期のお知らせ

広報おおむたに掲載されている、3月7日(日)14:00~16:00に開催予定の「「アフリカルタで知る!!アフリカの生活」参加者募集」ですが、様々な事情から延期となりました。

日にちが判明次第、当館ホームページやツイッターなどでご報告いたしますので暫くお待ち下さい。

タグ: お知らせ

2月の逸品「磯子なつかしカルタ」

制作:横浜市磯子区役所高齢・障害支援課
発行:平成30年12月

横浜市磯子区の景色や懐かしい日常道具、昔遊んだ玩具の写真を題材にしたカルタです。このカルタをきっかけに高齢者が懐かしい思い出を語り合うことで、楽しい時間を過ごしながら、交流を深めることができます。

タグ: 今月の逸品

歴史講座②「三池炭鉱の過去・現在・未来」ご参加ありがとうございました

先日開催されました歴史講座②「三池炭鉱の過去・現在・未来」にご参加いただきありがとうございました。

今回は大牟田市世界遺産・文化財室の中村渉さんをお呼びしての講座でした。

受講された方のお声を一部紹介させていただきますと
・100年以上の連綿、三池炭鉱はすごい。負の遺産じゃないのだ。
・わかりやすくてよかった。
・宮原坑、万田坑がそのまま残っている意味・理由から、これまで多くの人の連綿たる努力があったのだと思った。これからも私達が引き継いで行かなければならないと思った。

等のとても考えさせられるご意見を多くいただきました。

現在当館にて開催中の企画展「地図・絵葉書でみる三池炭鉱」でも三池炭鉱に関する展示を3月28日まで開催し、他にも当館館長が直に展示のガイドを行う「ミュージアム・ガイド」も開催しております(日にちはリンク先でご確認ください)ので講座を受講して三池炭鉱に興味の湧いた方は、ぜひご観覧ください!より詳しく三池炭鉱の歴史に触れる事ができます。

スタッフ一同今後とも精進いたしますのでよろしくお願いいたします。

タグ: イベント報告

次のページ>>

このページの先頭へ