ブログ

平和展2017「戦争と銃後のくらし」

7月4日(火)より平和展2017「戦争と銃後のくらし」の展示が始まりました。

「銃後のくらし」に焦点を当て、戦時中の生活に関する資料を通して、戦争と平和について考えます。
(※銃後…直接戦闘に参加しない国民、また戦争を継続するための支援体制のこと)

 

今回の見所のまず①つ目は、RKB毎日放送にて放送され話題を呼んだ、硫黄島での戦いで硫黄島からアメリカへ、アメリカから日本へと帰って来た「海を渡った日章旗」です。

3回に分けて放送され、日章旗を探すに至った経緯や、持ち主の「古賀四郎」さんの親戚である鬼池栄祐さんの手に戻ってくる経緯までをご紹介しております。館内にて当時のVTRも流しておりますので、是非足を止めてご覧になって下さい。

 

もう一つはミニコーナー②「家庭と主婦」

銃後を守った女性たちの、それでも戦時中でありながら美にこだわり続けた、もんぺだけではない、当時のファッションをご紹介しております。

もう一つのミニコーナー③
前回の企画展での好評を博した、「年表と写真で見る大牟田市の100年」

ミニコーナーとして、改めて展示しております。前回見逃された方はぜひ!

 

他にも7月15日(土)~7月23日(日)まで、平和のアニメーション上映会を行っております。(内容やイベントスケジュールはこちら

お客様のご来館、職員一同お待ちしております!

展示替え休館日のお知らせ

6月27日(火)から7月3日(月)まで展示替えのため臨時休館になります。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

次回の企画展は、「戦争と銃後のくらし」になります。

昭和十二年の日中戦争をきっかけに、人々のくらしは戦争に勝つことを優先したものへと変化しました。戦地で戦う兵士に加えて女性や子どもたちも労働力として駆り出され、過酷で厳しい「銃後※」の生活を強いられました。
戦後七十年以上が経過し、戦争の悲惨さや恐ろしさを体験した人々が少なくなり、「銃後」という言葉そのものも忘れ去られつつあります。
今回の平和展では、「銃後のくらし」に焦点を当て、戦時中の生活に関する資料を通して、戦争と平和について考えます。
(※銃後…直接戦闘に参加しない国民、また戦争を継続するための支援体制のこと)

7月4日(火)から始まります「戦争と銃後のくらし」も是非、ご覧下さい<(_ _)>

6月の逸品「子育てかるた」


発行年:2014年
発行所:子育て文化研究所

このカルタは、現代まで受け継がれてきた日本の子育て文化の良さを継承し、根付かせたいという目的で制作されました。
みんなでワイワイ楽しく遊べば、子育ての悩みを解決するヒントが見つかるかもしれません。

文化講座「宮原社宅で育ち、旅をして」

今回ご紹介する講座は6月11日(日)に開催する文化講座「宮原社宅で育ち、旅をして」!

[日 時]
6月11日(日)午後2時~3時30分
[場 所]
カルタックスおおむた3F 集会室
[講師]
農中茂徳 先生
(福岡県立大学非常勤講師、人権教育)

昨年刊行された「三池炭鉱宮原社宅の少年」の作者である農中茂徳先生をお招きして、昔の大牟田の思い出や様子などを振り返ります。

詳しい概要はこちらからご覧ください!(文化講座のページに飛びます。)

ミュージアム・ガイド③

今回より、こちらのブログでも当館でおこなわれるイベント・講座のご案内をさせていただきます!

今回ご紹介するイベントは6月24日(土)に開催する「ミュージアム・ガイド③」!

4月4日から当館で開催している「年表と写真で見る大牟田市の100年」に展示してある約200点以上の写真や年表について、大牟田市 企画総務部総務課 市史編さん室長の山田元樹氏が、それぞれの写真について、細かく丁寧に説明してくださいます!

昔から大牟田に在住の方からは「懐かしい気持ちになった」「今のあの場所が、昔はこうだったと思い出せてうれしかった」、最近大牟田にいらした方からは「あの場所にこんな歴史があったのか」などの評判をいただいています。

①②③に分けて行われてきたこのイベント、次回が最後になりますので、未見の方は是非ともご来館ください!

三池カルタ・歴史資料館スタッフ全員でお待ちしております!

 

詳しい概要はこちらからご覧ください!(ミュージアム・ガイド③のページに飛びます。)

次のページ>>

このページの先頭へ