ブログ

古文書整理補助スタッフ養成講座受講者募集

1 趣旨
当館では昨年・一昨年の2回にわたり郷土の歴史や先人の営みを身近に感じることができる地元の古文書を解読することで、歴史資料のもつ魅力を直に感じより深く知ることを目的とした「古文書入門講座」を開講し、多くの受講者を得て好評のうちに終了することができました。
そこで今回は「古文書入門講座」のステップアップ講座として、「古文書整理補助スタッフ養成講座」を開講いたします。
本講座では当館で収蔵、あるいは寄託を受けている未整理の古文書(文献史料)を整理・解読し、目録を作成できる知識・技能をもった人材を養成することを目的としています。これにより歴史資料の保存や活用に関する認識を高め、今後の郷土史等の調査・研究につなげていきます。

2 主催
  大牟田市立三池カルタ・歴史資料館

3 内容等
(1)内 容
   古文書の形式や取扱い方を理解した上で、実際に当館収蔵の古文書(文献史料)を整理・解読し、目録を作成後、データベース化する。
 (2)整理史料
   清水家文書(幕末から明治・大正期にかけての近代の地方文書約1,000点)
 (3)講 師
   梶原伸介(三池カルタ・歴史資料館学芸員)

4 開催日時
平成22年5月9日から12月26日までの第2・第4日曜日 午後1:00~4:00
全16回(進捗状況によっては短縮・延長の場合あり)

5 開催場所
  カルタックスおおむた3階集会室(来館の際は生学支援センター駐車場か公共交通機関利用のこと)

6 応募資格
  ある程度古文書が読め(あるいは古文書整理の経験があり)、全回受講可能な方。

7 受講料
  1,000円(テキストとして使用する『古文書保存・整理の手引き』の代金含む)

8 必要なもの
  くずし字辞典(東京堂出版の『くずし字用例辞典』を推奨)、400字縦詰め原稿用紙、筆記具

9 申込み方法等
(1)申込み先
〒836-0861 大牟田市宝坂町2‐2‐3 大牟田市立三池カルタ・歴史資料館
Tel/Fax 0944-53-8780(月曜日・毎月最終木曜日は休館。休日の場合は翌日が休館)
(2)方  法
直接来館の上、講座申込用紙に記入し提出
(3)募集定員
15名程度(先着受付順、定員に達し次第受付終了)

このページの先頭へ