ブログ

平和展2018 「戰爭と學校 ー大牟田の國民學校ー」

7月3日(火)より平和展2018「戰爭と學校 ー大牟田の國民學校ーが始まりました。

今回の企画展は、大牟田の戦時中の、学校・学生に焦点を当てた展示を行っております。見どころなどをご紹介しますね!

▼こちらは実際に使用されていた当時の国民学校の教科書です

子供向けに読み方や言葉のお稽古など、言葉の選び方が今に通じるものがありますね。
▼こちらはミニコーナーの「大牟田市内小学校の沿革」です。

現在に至るまでの校名の変遷や、合併後の校名などがひと目で分かる展示になっています。

大牟田の方なら、自分の通っていた小学校の名前を探すだけでも楽しいですよ!

 

▼同時開催で、大牟田の大蛇山まつりに合わせた期間限定!
「龍神に祈るの屏風」をメインケースにて展示しています。(大蛇山まつり最終日の7/29(日)まで)

屏風の説明や、大牟田の人なら知っている「大蛇山」の詳しい情報なども紹介しています。

▼その他にも、週刊少年ジャンプ50周年を記念した「週刊少年ジャンプ50周年記念展」も一部リニューアルしました。

今回は夏休みを見据えて、大人から子供まで幅広いファンを持つ「ドラゴンボール」「銀魂」「ワンピース」のカルタや花札を展示しています。

▼キッズ向けのコーナーではサンリオ関係のカルタやトランプや花札など。


最新のものや、懐かしいキャラクターにも出会えます!

そして恒例となった、ジャー坊のぬりえがもらえる「カルタ館からの挑戦状」の問題とぬりえの絵柄がリニューアルしました!今回は難易度の高い上級者向けと初心者向けの2種類の問題を用意しています!前回遊んでいただいた方も、今回はじめての方も、参加するだけで可愛いジャー坊のぬりえがもらえるのでぜひご参加くださいね!

 

今回、ご紹介した「戰爭と學校 ー大牟田の國民學校ーは、9/24(日)まで開催しています!
期間中にぜひぜひ、ご来館ください!!

2018年春の企画展「新収蔵カルタ展」

4月3日(火)より2018年春の企画展収蔵カルタ展」が始まりました。

今回の企画展は、当館所蔵の約1万2千点の中から、ここ数年で収集したものの中で、当館職員が自信を持ってオススメする、カルタ・トランプ・タロット・花札などを展示しています。一部をご紹介していきますね!

▼こちらのカルタは「日本全国郷土玩具 かるた」

2015年に作られたもので、(株)中川政七商店はかつて「海洋堂」とコラボして「日本全国まめ郷土玩具蒐集シリーズ」というカプセルトイ(ガチャガチャ)フィギュアを発売しました。このカルタの絵札に描かれている玩具は、そのフィギュアのラインナップとおそろいです。いろはにほへと…のいろは歌47文字にあわせ、47都道府県各地より選出された玩具をひとつずつ歌にしてあります。デザインがとても可愛くて、カルタもこのフィギュアも欲しくなってしまいます!(当館では取り扱っておりません(ToT))

▼次はあのお笑いコンビ「ラーメンズ」が作成した「かるた?」です

まさに名前の通りこれは本当に「かるた?」と首をひねってしまう読み札と絵札ですが、手に取って見ると「ああ~!なるほど!」となる、笑えつつも頭を使う、さすがラーメンズ!と思える、おすすめのかるた?です。

 

同時開催「与謝野晶子 生誕140周年記念特別展」

今回は同時開催として、あの明星派の歌人「与謝野晶子」が、郷土の歌人「白仁秋津(しらにあきつ)」に宛てた手紙や、色紙・短冊などを展示しています。
他にも同じ明星派歌人でもあり晶子の夫でもある「与謝野鉄幹」、国民的詩人で柳川出身の「北原白秋」などと撮影した写真なども展示!
手紙の読み下しと解説を付けていますので、昔の文章は苦手・・・と思っている方でも大丈夫です。晶子と鉄幹が夫婦喧嘩をして、鉄幹が家出をした等、歌人たちの私生活エピソードが垣間見えて楽しいですよ!

 

ミニ企画①「週刊少年ジャンプ50周年記念展」

今年創刊50年を迎える『週刊少年ジャンプ』の記念コーナーです。50周年を記念して制作された「かるたジャン100」の展示と、アニメになった人気作品のカルタなどを展示しています。こちらは一年を通して展示しますが、企画展ごとに展示する年代のテーマを変えて展示替えする予定です。今回は創刊から1985年代までの作品が中心です。

世代を超えて、今のお子様も知っている作品にも出会えますよ。

 

ミニ企画②「かるたのちから」

カルタは実はすごかった!カルタで遊ぶと体に起こるメリットをご紹介!
最強の知育玩具(遊びながら学習できるおもちゃ)とも言われるカルタの中で、学習に特化したカルタも紹介します!

遊ぶだけでどんどん頭に入りそうですね!

 

そして毎回恒例、ジャー坊のぬりえがもらえる「カルタ館からの挑戦状」の問題とぬりえの絵柄がリニューアルしました!
前回遊んでいただいた方も、今回はじめての方も、参加するだけで可愛いジャー坊のぬりえがもらえるのでぜひご参加くださいね!

 

今回、ご紹介した収蔵カルタ展」は、6/24(日)まで開催しています!
どのカルタも素敵なものばかりなので、期間中にぜひぜひ、ご来館ください!!

 

2017年冬の企画展「大牟田市誕生物語」

12月19日(火)より2017年の冬の企画展「大牟田市誕生物語」の展示が始まりました。

大牟田市制100周年を記念して、「大牟田町」から「大牟田市」になるまでの経緯や、その後に大牟田市と合併していく「銀水村」「三川町」「三池町」「駛馬町」「玉川村」の当時の貴重な資料や写真を展示しています。

そして、もう一つの同時開催企画!「昔の道具とくらし展」では、昭和30年頃の生活風景を再現した展示や、昭和30年頃の家庭風景に関する映像を放映しています。

じかに当時の道具に触れることの出来る「昔の道具をさわってみよう!」コーナーもあります!

カルタ館からの挑戦状として、参加するだけでジャー坊の塗り絵がもらえる企画もあります!

お客様のご来館、職員一同お待ちしております!

 

 

 

展示替え休館日のお知らせ

9月25日(月)から10月2日(月)まで展示替えのため臨時休館になります。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

次回の企画展は、「のりものカルタ大集合!Ⅱ」になります。

今も昔も鉄道や車などの乗物は子どもから大人まで大変人気があり、カルタをはじめさまざまな関連グッズも販売されています。

そこで秋の企画展では、当館所蔵の資料の中から鉄道や車、さらには飛行機や船など「乗物」を中心としたカルタやトランプを展示公開します。

また、九州鉄道記念館のご協力を得て、観光列車の写真パネルや関連資料の展示のほか、関連事業を実施します。

10月3日(火)から始まります「のりものカルタ大集合!Ⅱ」も是非、ご覧下さい<(_ _)>

 

平和展2017「戦争と銃後のくらし」

7月4日(火)より平和展2017「戦争と銃後のくらし」の展示が始まりました。

「銃後のくらし」に焦点を当て、戦時中の生活に関する資料を通して、戦争と平和について考えます。
(※銃後…直接戦闘に参加しない国民、また戦争を継続するための支援体制のこと)

 

今回の見所のまず①つ目は、RKB毎日放送にて放送され話題を呼んだ、硫黄島での戦いで硫黄島からアメリカへ、アメリカから日本へと帰って来た「海を渡った日章旗」です。

3回に分けて放送され、日章旗を探すに至った経緯や、持ち主の「古賀四郎」さんの親戚である鬼池栄祐さんの手に戻ってくる経緯までをご紹介しております。館内にて当時のVTRも流しておりますので、是非足を止めてご覧になって下さい。

 

もう一つはミニコーナー②「家庭と主婦」

銃後を守った女性たちの、それでも戦時中でありながら美にこだわり続けた、もんぺだけではない、当時のファッションをご紹介しております。

もう一つのミニコーナー③
前回の企画展での好評を博した、「年表と写真で見る大牟田市の100年」

ミニコーナーとして、改めて展示しております。前回見逃された方はぜひ!

 

他にも7月15日(土)~7月23日(日)まで、平和のアニメーション上映会を行っております。(内容やイベントスケジュールはこちら

お客様のご来館、職員一同お待ちしております!

次のページ>>

このページの先頭へ