ブログ

おうちミュージアム「熊本地震、あれから5年~」②

2021年4月6日(火)~6月27日(日)に開催されていた春の企画展「新収蔵カルタ展」で展示されていたミニコーナー「熊本地震、あれから5年~とある被災者の当時のメモより~」ですが、緊急事態宣言を受けて、展示期間が当初の予定より短縮されたため、WEB版を「おうちミュージアム」として数回に分けて掲載いたします。
この展示はとある被災者が、実際に体験した出来事を、当時のメモをイラストと文章で書き起こしたものです。

本日の更新は、とある被災者の体験した手記の、地震が発生した翌日、4月15日に起きた出来事の部分です。

2016年4月15日(金)
AM 6:00頃
朝日が登るのを見た。仕事はどうしようか…と考えた。部屋は崩壊したが自分はどこにも怪我をしていないし、きっと職場もひどい事になっている。進行中の仕事のデータが入ったパソコンは無事なのかという不安もあり、思い切って上司にメールをして判断を仰ぐと「来れるなら来て」という一文だけ返ってきた。一ヶ月ほど前に事故に遭い、1週間ほど休んで職場に迷惑をかけた事があったため、休む事にはとても気が引けた。アパートに戻るのも怖かったので、知った顔が多い職場の方が安全に思えたので出勤することにした。

AM 8:00頃

バイクで通勤中、見慣れた某自動車会社の2階建てのビルが崩壊していたり、道路にガラスが散乱していたりどこから落ちたのか子供用の学習机のようなものが通路を塞ぐように落ちていたりした。なのに出勤のためか避難のためか、車の量がいつもと変わらないことが不気味に感じた。

AM 9:00頃

職場は工場も中にあるせいか、鉄筋のしっかりした作りで、想像以上にダメージはなかった。PCもモニターもなんとか床に落ちずにとどまっていた。一人益城町に住んでいる社員がいたが、その人は上司によれば無事らしいが来ていなかった。この時はテレビも見られず(職場にもなかった)地震についての情報はネットやツイッターから見つけるしか無いという状況で、しかも「ライオンが動物園から逃げた」というデマがSNSに大量に流れていたため、見ないようにしていた。だから益城町があの時とても深刻な状況だったことを、この時はまだ知らなかった。(このデマは後に動物園への業務を妨害したとして、これをSNSで発言した神奈川県に住む20歳男性が逮捕されています。)

PM1:00頃

何度もドキッとするレベルの揺れが来る。そのうちに、揺れているのか、揺れているのが気のせいなのかわからなくなっていき、妙な吐き気を感じるようになる。
SNSで東北大震災経験者の友人に相談してみると、これは車酔いの地震版で「地震酔い」というらしく、揺れたか揺れなかったか自分ではわからない状態が酔う原因らしい。対策として水を半分入れたペットボトルを机に置き、揺れたと感じた時にそのペットボトルをみて、中の水が揺れているかいないかを目で確認すると良いというアドバイスを貰い試してみたが、揺れたと感じた時には100%水は揺れていたので、自分にはあまり効果がなかった。なんとか車酔いの薬を手に入れ、それを飲むと嘘のように吐き気はおさまった。この他にも、この場にいた職員全員のスマホから時間差で鳴り響く「緊急地震速報システム」のかん高い警告音に一日中悩まされた。音がとにかく怖い。音を聞くと身がすくみ、もし間髪入れずに建物が崩壊したら、体が硬直して逃げれる気がしない。

※益城町は2度とも震度7を観測し、大きな被害を受けていました。16日の本震では、益城町宮園にある震度計が、国内観測史上最大の計測震度である、計測震度6.78を記録しています。

当時者談:余震には本当に悩まされました。私には効果のなかった地震酔いの対策ですが、避難用品の中に余裕があれば常備薬として酔どめの薬を入れておいても良いかもしれません。

次回は本震が発生した2016年4月16日の手記を掲載します。

タグ: おうちミュージアム

おうちミュージアム「熊本地震、あれから5年~」①

2021年4月6日(火)~6月27日(日)に開催されていた春の企画展「新収蔵カルタ展」で展示されていたミニコーナー「熊本地震、あれから5年~とある被災者の当時のメモより~」ですが、緊急事態宣言を受けて、展示期間が当初の予定より短縮されたため、WEB版を「おうちミュージアム」として数回に分けて掲載いたします。
この展示はとある被災者が、実際に体験した出来事を、当時のメモをイラスト文章で書き起こしたものです。

本日の更新は、熊本地震の解説と、とある被災者の体験した手記の地震が発生した4月14日に起きた出来事です。

<壁展示パネル>

熊本地震とは
2016(平成28年)4月14日21時26分以降に熊本県と大分県で相次いで発生した地震です。熊本・大分地震とも呼びます。 気象庁の震度階級では最も大きい震度7を観測する地震が4月14日夜(前記時刻)に発生、その28時間後の4月16日未明にも発生したほか、最大震度が6強の地震が2回、6弱の地震が3回発生しています。

 

2016年4月14日(木)
PM 9:26
刑事ドラマを見ながら趣味の手芸をしていたら地震が起きた。下から突き上げるような地震で、かなり長い時間揺れ続けた気がする。薄型テレビが倒れて、ノートパソコンのモニターに刺さった瞬間、聞こえていた刑事役の声がぶっつりと聞こえなくなり、頭がやっと「異常事態だ!」と気づいた瞬間を覚えている。
地震なら揺れはいつか終わると自分に言い聞かせ続けて耐えた。住んでいたのは築30年の鉄筋アパート4階。天井が落ちてきたり、逆に自分のいる階が下に落ちたりしないだろうかという不安も浮かんだが、考えないようにと自分に言い聞かせた。
揺れが収まった時に周りを見ると、冷蔵庫は扉が外れ、台所の照明までも床に落ち、電灯は割れていた。震災にあったらまず風呂に水を貯めろという事だけは知っていたので風呂場に行こうとしたが、倒れた食器棚が風呂場の入り口を塞いでいて、一人ではどう頑張っても起こせない。その間に両親・兄弟・親戚・友人たちからSNSで無事を尋ねるメッセージが届く。とりあえず自分に怪我がないことを伝えた。
買い置きしていたお菓子と貴重品と野宿になる可能性を考えて着る毛布を大きな手提げに入れ、再び大きな揺れが来る前にアパートから出ようとしたが、階段を降りる間にも容赦なく揺れは続き、生きた心地がしなかった。階段の壁にも自分の身長より大きなヒビが入っていて、ふとこの先このアパートに戻ることができるのだろうかと不安になる。

PM 10:00

外に出ると他の人たちが、大きな公園に避難するのが見えた。自分も真似して公園に移動したが、到着した途端、狙ったかのようなタイミングで雨が降り出し、毛布を頭にかぶることで凌いだ。傘を取りに戻ろうかとも思ったが、もし部屋に戻った途端アパートが崩壊したら?と思うと戻る気にはならなかった。このまま野宿だろうかと不安になる。公園の自動販売機を見つけ、これで温かいコーヒーが買えれば喉も潤うし温まるだろうと硬貨を投入したが、まだ4月で夜は寒いと言うのに温かい飲み物が1つもメニューにないことに驚いた。それでもあるだけ良いとペットボトルの500mlの冷たい水を4本ほど買い、大きな手提げに詰め込んだ。空から聞こえるヘリコプターらしき音がとてもうるさかった。空ならこの余震を感じることはないんだろうなあと、高所恐怖症のくせに、そのヘリコプターに乗っているであろう報道関係か自衛隊の人がとても羨ましかった。

PM 11:30

公園近くの建物が避難所として開放されそこに避難したが、長机が山のように積まれた前のスペースしか空いておらず、余震がきたらこの長机の雪崩に巻き込まれてしまうことが予想された。しかし贅沢はいっていられなかった。先程の毛布を頭にぐるぐる巻きにして、ヘルメットのようにするなどして工夫した。運良く、何度かの揺れが深夜に起きたものの、長机の雪崩は起きなかった。だがこの日は不安でほとんど眠れなかった。

<当時を思い出して描いたメモ>

当時者談:毛布を頭に巻きつけるのはキノコみたいになってとても恥ずかしかったですが、ヘルメットもなく「最悪でも手足が怪我しても頭さえ守ればなんとかなるだろう」という苦肉の策でした。この積まれた机の手前で寝ましたが、余震は体感ですが4~5.8くらいのレベルの揺れが頻繁にあったので、いつ机が雪崩のように落ちてくるか、気が気ではありませんでした。

↑当時者談:これは今でも思い出すのですが、当時のテレビもそこそこ薄かったので、笑えないのですが倒れた途端にノートパソコンの角がざくっと刺さったのがシュールでした。あの瞬間はスローモーションのように見えました。自分から割と近い位置だったのですが、揺れが激しすぎて、自分の身を守ることが精一杯でした。こんなに近いところにあるのに防げなかった無力感を覚えています。

 

明日(2021/07/07)は地震が発生した翌日の2016年4月15日の手記を掲載します。

 

 

 

タグ: おうちミュージアム

緊急事態宣言解除のお知らせと企画展の展示について

緊急事態宣言が6/21(月)から解除となりますが、当館は21日が休館日に当たるため、22日火曜日からの開館となります。ご注意下さい。

【春の企画展について】
現在開催中の春の企画展の会期が当初の予定より短縮されたため、一部の展示は次の企画展でも引き続き展示しますが(下記参照)、「カルタの森」の様々な収蔵品カルタやトランプ「熊本地震あれから5年…」コーナー「わらうだいじゃやま原画展」などは27日までの展示となります。ご注意ください。「熊本地震あれから5年…」のコーナーは、「おうちミュージアム」として、当館HP内のブログにて、展示の内容と展示したカルタの写真などを平和展開催後に掲載する予定です。

【夏の平和展について】
7/6(火)から開催する平和展ですが、春の企画展の会期が当初の予定より短縮されたため、平和展についての展示内容が若干変わりましたのでお知らせいたします。

①ミニコーナーの郷土カルタ特集のテーマが「高知県」と告知していましたが、「愛媛県」がそのまま継続されます。「高知県」の特集は秋に延期となりますが、チラシに掲載している「ジョン万カルタ」は、7月の今月の逸品として紹介します。

②「大正浪漫」のコーナーは、若干内容を付け加えて継続して展示します。(竹久夢二の肉筆画も継続して展示します)

③「熊本地震~あれから5年~」の展示は「おうちミュージアム」として平和展開始と同時に、当館ホームページでも閲覧可能になります。

色々ご迷惑をおかけしますがご理解の程よろしくお願いいたします。

 

タグ: お知らせ おうちミュージアム

おうちミュージアム番外編「小さいタロットカードを作ろう!」

今回のおうちミュージアム番外編では、2018年の冬に開催された「TAROT WORLD」という企画展で使用したチラシを使って、小さなタロットカードのつくり方をご紹介します。

※今回はこのチラシを使用する前提で説明させていただきます。当館の当時のチラシをご所望の方は、当館に来館の際おっしゃっていただければ、残部のある限りお渡しいたします。
当館にいらっしゃれない遠方の方は、当館へ長形3号の返信用封筒(前もってご自分の住所や氏名などを宛名として記入し、84円切手を貼ったもの)をお送りください。(その際、タロットの面に折り目がつかないような、独特な折り方でお送りいたします。ご了承ください)こちらは送料の関係上、お一人様1枚限りとなりますが、複数枚所望される方は別途事前にご連絡下さい。詳しい請求方法はこちらをご覧ください。

【作り方】

1:まず、A4サイズの好きな柄の紙を用意します。写真では当館所蔵の「確認できる限り現存する最古のコンヴェル版」との認定を受けたニコラ・コンヴェル版の柄をモチーフにした柄を使用しています。この柄をご希望の方はこちらからダウンロードしてプリントしてお使い下さい。

2:「TAROT WORLD」のチラシの裏にまんべんなくのりを塗ります。スティック型の糊がしわになりにくいです。
※柄の紙をインクジェットプリンターで印刷している場合は、プリンターのインクが完全に乾いてから塗って下さい。色移りや紙が破けるなど起こる可能性があります。

3:1で用意した紙を、版画を作るようにこすって空気が入らないように貼り付けます。

4:紙がくっついたら、平らなところに置き、A4サイズ以上の重たいもので押さえます。(画像ではB4サイズのカッティングマットを上に載せたあと、その上にコピー用紙の束を載せました)

5:半日ほど待って、のりが乾いたら、表面のタロットの形をハサミで切り抜いていくと出来上がりです!

【大きさ】

ひとつあたりこれくらいの大きさです。
裏紙に使用する紙の厚さにもよりますが、一般的なコピー用紙くらいの厚みでも、意外としっかりした硬さのカードになります。

 

必ずお読み下さい

このチラシで使用したタロットの図柄は、CBDマルセイユタロットオープンリーディングのサイトで、クリエイティブコモンズライセンス[表示 – 非営利 – 継承 3.0 非移植 (CC BY-NC-SA 3.0)]のもと配布されています。ご紹介している当館の広告物に画像を使うことに関しては、今回権利者の方から特別に許可をいただけたものです。そのチラシを使ってのタロット作成に関しても、ご厚意で特別に許可を頂いています。ただしこれは「個人の利用」に限ります。例として、作ったタロットを販売して金銭的利益を得たり、画像を勝手に利用して別のグッズなど制作、販売して利益を得るなどは許可されておりません。(詳しくは上記CBDマルセイユタロットオープンリーディングのサイトやクリエイティブコモンズライセンス[表示 – 非営利 – 継承 3.0 非移植 (CC BY-NC-SA 3.0)]のリンク先を御覧になってご判断下さい)

【タロット画像出典】

タロット裏紙画像(ニコラ・コンヴェル版マルセイユタロット)

所蔵:三池カルタ・歴史資料館

タグ: おうちミュージアム

おうちミュージアム第5弾「手作り暗記カルタ」

おうちミュージアム第5弾では、「手作り暗記カルタ」をご紹介します。

テスト前などの暗記が必要な時、英語などでは単語カードを作って暗記した記憶はありませんか?
これを応用し、人と遊ぶことで勉強になるカルタを手作りしてみましょう。

カルタといえば絵札を取るイメージが強いですが、絵がかけなくても文字だけでカルタとして遊ぶことは可能なんです!

【県庁所在地暗記カルタ】

・読み札には県の名前、取り札には県庁所在地を書きます。答えがすぐわかるように読み札には答えも書いておきます。
(読み上げるときに答えを読まないように注意しましょう)

 

《例》

 

【文豪作品暗記カルタ】
・読み札には文豪の名前を書き、取り札には作品の名前を書きます。答えがすぐわかるように読み札には答えも書いておきます。
(読み上げるときは作者の名前しか読まないように注意しましょう)一文豪に1作品ではなく、複数の作品名の取り札を作るのも効果的です。

《例》

※作るときは厚紙などで作りましょう。ある程度の重みのない紙でないと、とても遊びにくくなります。
コピー用紙にプリントして、厚紙にのりで貼り付けるなどという方法もあります。

※お子様に作ってあげる場合は、札はなるべくお子様に書かせましょう。
書くことでも記憶に残るので効果的です。

※読み札を読む人と絵札を取る人は、こまめに交代しましょう。

これらはあくまで例です。県庁所在地を取り札ではなく読み札にしても良いですし、この2つ以外でも工夫をすればいくらでも暗記カルタは作れます。
是非自分だけの暗記かるたを作ってみましょう!

タグ: おうちミュージアム

<<前のページ 次のページ>>

このページの先頭へ